【解決】Twitterアプリで自分の位置情報を削除/消去できない場合の対処設定方法

公開日: : まとめ記事, ツイッターの使い方

 Appleから発売されている最新モデル『iPhone7Plus』や『iPadPro』などのiOSデバイスやAndroidスマートフォン・タブレット向けに提供されているSNSアプリ「Twitter」を最新バージョンにアップデート後に「Twitterでログインしているアカウントの位置情報に基づいた広告の追跡及び収集を無効化できない!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で発生していると報告されています。

【解決】Twitterアプリで自分の位置情報を削除/消去できない場合の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】「Twitter(ツイッター)」アプリで自分のアカウントの位置情報を削除/消去できないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「AppStore」もしくは「GooglePlayストア」から「Twitter(ツイッター)」を最新バージョンにアップデートします
  2. 「ホーム画面」→「Twitter」を開く→「プロフィール(画面右下)」→「歯車」→「設定とプライバシー」を選択します
  3. 「設定とプライバシー」画面にて「プライバシーとセキュリティ」→「Personalization and data」を選択します
  4. 「カスタマイズとデータ」画面にて「Twitterデータを見る」を選択→「データ」→「位置情報」の「編集」を選択します
  5. 「位置情報」画面にて「位置情報を削除(赤色)」を選択することにより、Twitter上に保存されている位置情報を削除できます
  6. 【上記の設定でも解決しない場合】:「ホーム画面」にて「戻るボタン(画面右下)」を選択→バッググラウンド画面から「Twitter」アプリを横にスワイプし、アプリを再起動させます(Androidの場合)
  7. 「ホームボタン」を2回押す→バッググラウンド画面から「Twitter」アプリを上にスワイプし、アプリを再起動させます(iPhoneの場合)
  8. 「ホームボタン」と「電源(音量)ボタン」を同時押しし、iOS/Androidデバイスを強制的に再起動してください
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑