国民年金を免除する時の『減免除制度』についての裏技まとめ

公開日: : 最終更新日:2015/07/04 まとめ記事, ライフハック

 国民年金とは、退職後に受け取る『年金』のことを指しますが、対象となる年齢は20歳以上60歳未満の全てが原則として強制加入され、毎月支払う義務があります。しかし、この国民年金が支払うことが出来ない、したくない人が年々増えつつあります。

国民年金を免除する時の『減免除制度』についての裏技まとめ 1x1.trans

 そこで今回は、『知らなきゃ損!「国民年金」の減免制度の使い方』についてまとめてみた!

【スポンサーリンク】

・『国民年金の取得には?』

 老後基礎年金は、保険料納付期間と保険料免除期間が25年以上ある人が65歳から年金を受給することができる制度のことです。(未納期間が25年に満たない場合は、受給することができない可能性が高いです)

・『どんな人が免除されるの?』

 法定免除:障害年金受給者や生活保護受給者など
 申請免除:経済的な理由により、世帯収入が一定基準を下回る時

・『減免の対象になるのは?』

【減免対象の基準】

 7月から翌年6月までの期間が減免対象となっており、前年度の収入額などの判断材料か
ら加味などにより最終決定されます。

【減額の目安】

全額免除:4人世帯の場合は、前年の世帯所得が162万円以下、2人世帯の場合は、前年の世帯所得が92万円以下、単身者の場合は前年の世帯所得が57万円以下。

 
1/4免除:4人世帯の場合は、前年の世帯所得が230万円以下、2人世帯の場合は、前年の世帯所得が142万円以下、単身者の場合は前年の世帯所得が93万円以下。
 
1/2免除:4人世帯の場合は、前年の世帯所得が282万円以下、2人世帯の場合は、前年の世帯所得が195万円以下、単身者の場合は前年の世帯所得が141万円以下。
 
4/3免除:4人世帯の場合は、前年の世帯所得が335万円以下、2人世帯の場合は、前年の世帯所得が247万円以下、単身者の場合は前年の世帯所得が189万円以下。
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑