iPhone6Plusの折り曲げ防止ハードケース&対策対処まとめ(オススメ商品)

公開日: : 最終更新日:2015/08/23 iPhone6, まとめ記事, 新商品

昨年、Appleからディスプレイの「最薄化」「大型化」を実現した最新モデル『iPhone6』『iPhone6 Plus』が発売されて数ヶ月が経ち、発売当初に多くのAppleユーザーから報告されていた同モデルの『折り曲げ』被害に対応したハードケースも購入することができるようになったようです。

iPhone6Plusの折り曲げ防止ハードケース&対策対処まとめ(オススメ商品) 1x1.trans

 下記が『「iPhone6」「iPhone6Plus」を曲げないようにする対処対策設定方法&折り曲げ防止ハードケース』のまとめです。

【スポンサーリンク】
  • 「iPhone6」「iPhone6Plus」を折り曲げないようにするための対策設定方法
  1. 大半の「折り曲げ」被害に遭ったユーザーはジーパンなどのズボンの後ろポケットに入れてしまい、座った時に『バキッ』と折ってしまうらしいので『胸ポケット』に入れるしよう!
  2. もともと「iPhone6」「iPhone6Plus」のサイズはiOSデバイスの中でもかなり大きいため、可能であるならばカバンなどに収容しておく
  3. 100円ショップやAmazonなどで首からぶら下げることができる「ストラップ」型ケースを購入する
  • 【当サイトオススメ商品】「iPhone6」「iPhone6Plus」専用ハードケースで折り曲げ被害を防ごう!
  1. 「SPIGEN」(ネオハイブリッド・メタル):側面はアルミニウム製、カラーも5色でバリエーションが豊富なのも特徴的!
  2. 「SPIGEN」(タフ・アーマー):同シリーズの中でも最強とされているアーマーシリーズ。TPU+ポリカーボネートの組み合わせは他の追随を許さない超頑丈なハードケース。カラーは3色で構成されている
  3. 「レザーコインカバー for iPhone6」:スーツなどを多く着るビジネスマン向けに高級感が漂う革仕様の手帳型専用ケース。カードスリットや小銭入れにもなる前面ポケットもあるのでお財布ケータイにもなるので便利!
  4. cheero Power Case for iPhone6』:「iPhone6」専用のバッテリー内蔵型ケース。3000mAhのリチウムポリマー電池を内蔵しており、約1回のフル充電が可能であり、過放電・過充電などの異常事態に自動的に停止する機能を搭載ずみ
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑