【解決】iPhone6SがWi-Fi/無線LANに接続できない・遅いバグ不具合の対処設定方法

公開日: : iOS9, iPadAir2, iPadmini, ipadPro, iPhone7, まとめ記事

 Appleから発売されている新型モデル「iPhone6S」「iPadmini4」「iPadPro」など向けにリリースされている最新バージョン「iOS9.1」アップデート後に公衆無線LANやWi-Fi接続が異常に重くなる・遅くなる・接続できないバグ不具合障害が一部のユーザー間で発生しているそうです。

【解決】iPhone6SがWi Fi/無線LANに接続できない・遅いバグ不具合の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】「iOS9.1」のiPhone6S/iPadmini4のWi-Fi・公衆無線LANの接続ができない遅いバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「モバイルデータ通信」→「Wi-Fiアシスト」をオフにします
  2. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「機内モード」をオン・オフを繰り返します
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「Wi-Fi」をオン・オフを繰り返します
  4. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「Wi-Fi」→現在接続済みのWi-Fiの(i)マークを選択→「ネットワーク設定を削除」を選択します
  5. 「iPhone6S」や「iPadmini4」などのiOSデバイスを接続しているルーターの電源を切り、Wi-Fi自体を再起動します
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑