【解決】Instagramでフォトマップを追加/登録できないバグ不具合障害の対処設定方法

 Appleから発売されている最新モデル『iPhone6SPlus』や『iPadmini4』などのiOSデバイスやAndroidスマートフォン・タブレット向けにリリースされているSNSアプリ「Instagram(インスタグラム)」を利用している際に「自分のアップロード投稿している画像や動画をフォトマップを追加できない!登録できない」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で発生しています。

【解決】Instagramでフォトマップを追加/登録できないバグ不具合障害の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】「Instagram(インスタグラム)」アプリで写真やムービーをフォトマップに追加できないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「AppStore」もしくは「GooglePlayストア」から「Instagram」を最新バージョンにアップデートします
  2. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにアップグレードします(iPhoneの場合)
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「端末情報」→「端末管理」→「システム・アップデート」から最新バージョンにアップグレードします(Androidの場合)
  4. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「プライバシー」→「位置情報サービス」をオンにします(iPhoneの場合)
  5. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「プライバシー」→「写真」もしくは「カメラ」で「Instagram」をオンにします
  6. 【新規投稿からする場合】:「ホーム画面」→「Instagram」を開く→「カメラ(真ん中)」から写真を撮影します
  7. 「新規投稿」画面にて「編集」を選択→「フォトマップに追加」を選択→「この場所に名前をつける」を選択→「位置情報」から場所を選択→「シェア」を選択します
  8. 【既存投稿からする場合】「ホーム画面」→「Instagram」を開く→「人マーク(右端)」からタグ付けしたい画像や動画を選択します
  9. 「写真」もしくは「動画」画面にて「編集」を選択→「フォトマップに追加」を選択→「この場所に名前をつける」を選択→「位置情報」から場所を選択→「シェア」を選択します
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
PAGE TOP ↑