【解析】Twitterのツイートのアクセス数を確認できない場合の対処設定方法

公開日: : まとめ記事, ツイッターの使い方

 Appleから発売されている最新モデル『iPhone6S』や『iPadmini4』などのiOSデバイスやAndroidスマートフォン・タブレット向けにリリースされているSNSアプリ「Twitter」を利用している際に「自分のツイートがどれくらいのアクションやアクセス数を増やしたか分からない!確認できない」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で発生しています。

【解析】Twitterのツイートのアクセス数を確認できない場合の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】「Twitter」アプリで自分のツイートからアクセス数を調べれないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「AppStore」もしくは「GooglePlayストア」の「アップデート」から「Twitter」を最新バージョンにアップデートします
  2. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにアップグレードします
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「端末情報」→端末管理」→「システム・アップデート」から最新バージョンにアップグレードします
  4. 「ホーム画面」→「Twitter」を開く→「アカウント」の自分のツイート内にある「グラフ(右下)」マークを選択します
  5. 「インプレッション数(ツイートを見た回数)」、「アクション数(ツイートに反応した回数)」を確認することができます
  6. 「ホーム画面」→「Safari」もしくは「Chrome」などのブラウザから「https://analytics.twitter.com」にアクセスすると、より詳しい情報を確認することができます
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑