【解決】Twitterアプリでキャッシュファイルを削除/消去できない場合の対処設定方法

公開日: : まとめ記事, ツイッターの使い方

 Appleから発売されている最新モデル「iPhone7Plus」や「iPadPro」などのiOSデバイスやAndroidスマートフォン・タブレット向けにリリースされている人気SNSアプリ「Twitter(ツイッター)」を最新バージョンにアップデート後に「画像やアニメーションを再生した時に作成されるキャッシュファイルをアプリ内で削除できない!消去できない!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです。

【解決】Twitterアプリでキャッシュファイルを削除/消去できない場合の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】「Twitter」アプリでメディアストレージのキャッシュファイルを削除/消去できないグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「Twitter」を起動→「プロフィール(画面右下)」を選択→「歯車」を選択→「設定」を選択します
  2. 【初めて使用する場合】:「設定」画面にて「ストレージ」を選択→「メディアストレージ」を選択→「削除(赤色)」を選択することにより、アプリ内で作成されたキャッシュファイルが完全に削除されます
  3. 「設定」画面にて「データ利用設定」を選択→「ストレージ」の「メディアストレージ」を選択し、「メディアストレージを削除(赤色)」を選択することにより、アプリ内のキャッシュを削除します
  4. 【2回目以降に使用する場合】:「設定」画面にて「ストレージ」を選択→「データ利用の設定」→「メディアストレージ」を選択→「メディアストレージを削除(赤色)」を選択します
  5. 「設定」画面にて「ストレージ」を選択→「データ利用の設定」を選択→「ウェブサイトストレージ」を選択→「ウェブページストレージを削除」もしくは「すべてのウェブサイトストレージを削除」を選択することにより、ウェブサイト情報などのキャッシュが削除されます
  6. 【上記の設定でも解決しない場合】:「ホーム画面」→「AppStore」もしくは「GooglePlayストア」の「アップデート」から「Twitter」を最新バージョンにアップデートします
  7. 「ホーム画面」→「AppStore」または「GooglePlayストア」から「Twitter」の「詳細」画面にiPhone・Androidのバージョンが対応しているかを確認します
  8. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにアップグレードします(iPhoneの場合)
  9. 「ホーム画面」→「設定」→「端末情報」→「システム・アップデート」から最新バージョンにアップグレードします(Androidの場合)
  10. 「ホームボタン」を2回押す→バッググラウンド(マルチタスク)画面から動作して「Twitter」を上にスワイプし、アプリの動作を再起動し、同じ設定を行ってください(iPhoneの場合)
  11. 「ホーム画面」の画面右下にある「□(戻る)」ボタンから「Twitter」アプリをバッググラウンド画面上から停止させ、アプリを再起動し、同じ設定を行ってください(Androidの場合)
  12. 「ホーム(音量)ボタン」と「スリープ(電源)ボタン」を同時押し→iOS/Androidデバイスを強制的に再起動します
  13. 【追記】:現在「Android」版に配信されているバージョンでは、キャッシュ削除を利用する場合は「ホーム画面」→「アプリケーション」→「Twitter」→「キャッシュを消去」を選択してください
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑