意外と知らない『贈与税』の基礎知識&注意点まとめ

公開日: : 最終更新日:2015/07/04 まとめ記事, ライフハック


 身内間でお金や現金、預金、株式、不動産などを譲渡した場合に発生する『贈与税』を御存知ですか?『贈与税』は、通常経済的に余裕のある両者間で財産などを貰った時に発生する『税金』のことをいいます。この『贈与税』って意外と曲者なの知っていますか?

意外と知らない『贈与税』の基礎知識&注意点まとめ 1x1.trans

 そこで今回は、「意外と知らない『贈与税』の基礎知識&注意点』についてまとめてみた!!

【スポンサーリンク】

【『贈与税』の基本知識】

1、『贈与税』とは個人からお金や現金などを貰った時に課せられる『税金』のことをいいます

2、『贈与税』は通常必要としていない110万円以上の現金、預金、株式、不動産などの財産を個人向けに譲渡した場合に発生します

【『贈与税』の種類】

・暦年課税

個人同士の間で1年間に贈与を受けた財産の合計額を基に贈与税額を含めて計算した額のことをいいます。
(例)個人同士から基礎控除額110万円を差し引いた残額が、600万円以下の場合は税率30%・控除額65万円となり、300万円以下の場合は、税率15%・控除額10万円を支払う義務が発生します
・相続時精算課税
個人同士の現金や預金、株式、不動産などの贈与を受けたときに、一定の税率で贈与税を納付し、贈与者が亡くなったときに相続税で精算する額のことをいいます。
*この制度を利用する場合は贈与税の申告期間内に『相続時精算課税届出書』を最寄りの税務署に添付して申し込む必要があります
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑