【疑問】ポケモンGOで「バッテリーセーバー」の設定できない/項目が消える場合について

公開日: : まとめ記事, ポケモンGOの使い方

 先日、任天堂株式会社は、Appleから発売されている最新モデル「iPhoneSE」や「iPhone6S」などのiOSデバイスやAndroidスマートフォン・タブレット向けに大人気ゲーム「ポケットモンスター」のスマホ版アプリ「PokemonGO(ポケモンGO)」をアップデート(Ver.1.1.0)後に「バッテリーセーバー」が使えない!設定できないなどのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているようです

【疑問】ポケモンGOで「バッテリーセーバー」の設定できない/項目が消える場合について 1x1.trans

 「ポケモンGO」の「バッテリーセーバー」機能については、過去記事「【解決】ポケモンGOで画面をタップしても無反応/フリーズするバグ不具合障害の対処設定方法」内でも紹介したとおり、同機能が搭載されていた旧バージョンでは、この機能が原因でアプリが固まる!動作がフリーズする!などのバグ不具合障害が報告されていました。

【スポンサーリンク】

 同機能については、「ポケモンGO」を起動→「モンスターボール」→「設定」→「バッテリーセーバー」がオン・オフができましたが、現在公式アプリストア「AppStore」や「GooglePlayストア」内にて配信されている最新バージョン「Ver.1.1.0」以降ではこの機能が撤廃されていることがわかります

 今後、リリースされる予定のマイナーアップデートバージョン版では「バッテリーセーバー」機能が復活しているかもしれません。他にも現在のバージョンでは「近くにいるポケモン」の「足あと」マークが消えているなどのバグ不具合障害が報告されています。詳しくは過去記事「【疑問】ポケモンGOで近くにいるポケモンの「足あと」が消えた/削除された問題について」を参考にしてください。

【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑