【裏技】iOS8.2をiOS8.1.3にダウングレード復元設定方法まとめ【脱獄無し】

公開日: : 最終更新日:2015/07/03 iOS8, まとめ記事

 先日、Appleから『iPhone6Plus』や『iPadAir2』などのiOSデバイス向けにリリースされた最新バージョン『iOS8.2』ですが、「新アプリ『AppleWatch』や『ヘルスケア』アプリの影響でバッテリーの持ちが以前のバージョンである『iOS8.1.3』より悪い」などの不具合が一部のユーザーから報告されています。

【裏技】iOS8.2をiOS8.1.3にダウングレード復元設定方法まとめ【脱獄無し】 1x1.trans 下記が『最新バージョン『iOS8.2』を『iOS8.1.3』にダウングレードする裏技設定方法』についてのまとめです。

【スポンサーリンク】
  1. 『iOS8.2』を搭載した『iPhone6Plus』『iPadAir2』などのiOSデバイスをPCに接続する
  2. 『iTunes』を起動する→「このコンピュータ」と「iPhoneのバックアップを暗号化」→「iTunes」の「今すぐバックアップ」を選択します
  3. iOSデバイスの背面カバーに記載されている『GSM』『CDMA』の種類を確認し、『iOS8.1.3』のファームウェアを配布サイトからダウンロードします。
  4. iOSデバイス側の『ホーム画面』→『設定』→『iPhoneを探す』をオフにした状態で、iTunesを起動します
  5. Macの場合は「Alt」+「Optionキー」、Windowsの場合は「Shiftキー」を押しながら「iPhoneを復元」を選択します
  6. 先ほどダウンロードしたファームウェアを選択する→「iPhoneの内容は消去され、iOS8.1.3ソフトウェアで復元されます。復元はAppleによって検証されます」というポップアップが表示されます
  7. ダウングレードが開始すると、iPhoneやiPadが再起動し、iTunesに『新しいiPhoneへようこそ』と表示され、『このバックアップから復元』を実行し、先ほどのバックアップを選択したら終了です。
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑