【解決】ApplePayのクレジットカード情報を遠隔削除できない場合の対処設定方法

公開日: : Apple, ApplePay, iOS10, まとめ記事, サービス

 2016年10月25日(火曜日)、Appleから発売されている新型モデル「iPhone7Plus」や「iPhone7」などのiOSデバイス向けにリリースされた最新バージョン「iOS10.1」にアップグレード後に「独自決済システム「ApplePay」の専用アプリ『Wallet』がインストールされているiPhoneをなくした」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているようです

【解決】ApplePayのクレジットカード情報を遠隔削除できない場合の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】iOS10.1の「ApplePay」の「Wallet」に登録しているクレジットカード情報を遠隔削除できないバグ不具合障害の設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにアップグレードします
  2. 「ホーム画面」→「Safari」もしくは「Chrome」などのブラウザからパソコン版「iCloud」に「AppleID」と「パスワード」からログインします
  3. 「iCloud」画面にて「設定」を選択→「マイデバイス」内にて「ApplePay」にクレジットカード情報を登録したiOSデバイスを選択し、画面横の「☓」を選択します
  4. 「「iPhone〜」を削除しますか?」画面にて「削除」を選択することで、「ApplePay」に登録済みのクレジットカード情報を削除できます
  5. 【追記】:上記の設定でも解決しない場合は、「ホーム画面」→「設定アプリ」→「iCloud」からログインしているアカウントが同じであることを確認してください
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑