【解決】Instagramのアップロードした写真や画像が劣化するバグ不具合障害の対処設定方法

 Appleから発売されている最新モデル『iPhone6S』や『iPadPro』などのiOSデバイスやAndroidスマートフォン・タブレット向けにリリースされている写真共有アプリ『Instagram(インスタグラム)』を利用している際に「アップロードした画像や写真を劣化することなく元の超高画質な状態で投稿したい」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです。
【解決】Instagramのアップロードした写真や画像が劣化するバグ不具合障害の対処設定方法 1x1.trans
 下記が『【解決】Instagramで無劣化/高画質の画像や写真をアップロードできないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです
【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「AppStore」もしくは「GooglePlayストア」から「Instagram(インスタグラム)」を最新バージョンにアップデートします
  2. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにアップデートします(iPhoneの場合)
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「端末情報」→「システム・アップデート」から最新バージョンにアップデートします(Androidの場合)
  4. 「ホーム画面」→「Instagram」を開く→「オプション」→「アップロードする画質」→「ファイン(綺麗)」「ノーマル(普通)」「ベーシック(劣化)」の「ファイン」を選択します
  5. 「ホーム画面」→「Instagram」を開く→「高画質画像処理を使用」をオフにします
  6. 【追記】:「Instagram」の画像/写真のサイズは「1,080×1,080」に自動的にリサイズされるのでこのサイズに合したデータをアップロードしましょう
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑