【解決】Googleマップが表示されない/読み込みが遅いバグ不具合障害の対処設定方法

公開日: : 最終更新日:2015/11/25 まとめ記事, 神アプリ

 GoogleからiPhone6SやAndroidスマートフォン・タブレット向けにリリースされている大人気地図アプリ「Googleマップ」を利用している際に、「サーバーに接続できませんした」「Googleマップが強制終了する」「位置情報を取得できません」などのバグ不具合障害が慢性的に一部のユーザー間で発生しているそうです。

【解決】Googleマップが表示されない/読み込みが遅いバグ不具合障害の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】「Googleマップ」が表示されない/読み込まないバグ不具合障害エラーの対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 【Androidの場合】:「ホーム画面」→「設定アプリ」→「アプリケーションの管理」→「マップ」→「アップデートのアンインストール」を選択します
  2. 【iPhoneの場合】:「ホーム画面」→「設定アプリ」→「プライバシー」→「位置情報サービス」がオンであることを確認します
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「リセット」→「位置情報とプライバシーをリセット」を選択します
  4. 【iPhone/Androidの場合】:「ホームボタン」と「スリープボタン」を同時押し→iOS/Androidデバイスが強制的に再起動されます
  5. 「ホームボタン」を2回押す→バッググラウンド画面から「Googleマップ」を上にスワイプし、動作を停止します
  6. 「ホーム画面」→「AppStore」もしくは「GooglePlayストア」から「Googleマップ」を最新バージョンにアップデートします
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑