【解決】AppleSoftwareUpdateの自動更新を無効化できない場合の対処設定方法

公開日: : Apple, まとめ記事, サービス

 Apple社の『iMac』、『MacBookAir(Pro)』や『Windows』を搭載したパソコン向けに提供されている『iTunes』を利用している際に「同ソフトと一緒にインストールされる『AppleSoftwareUpdate』の自動アップデート更新機能を無効化できない!停止できない!」などの使い方が分からない一部のユーザーが慢性的に発生しているようです

【解決】AppleSoftwareUpdateの自動更新を無効化できない場合の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】「AppleSoftwareUpdate」の自動アップデート更新を非表示/無効化できないバ不具合障害対処設定方法(Windows対応)』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー(画面左下)」を選択し、「コントロールパネル」を選択してください
  2. 「コントロールパネル」画面にて「プログラム」の「プログラムのアンインストール」を選択してください
  3. 「プログラムのアンインストール」画面にて「AppleSoftwareUpdate」を選択してください
  4. 「AppleSoftwareUpdateをアンインストールしますか?」画面にて「いいえ」を選択してください
  • 上記の設定でも『AppleSoftwareUpdate』に』発生している問題が解決しない場合は下記の方法を参考にしてください
  1. 「デスクトップ画面」→「Safari」もしくは「InternetExplorer」などのブラウザを最新バージョンにしてください
  2. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「マイコンピュータ」から最新バージョンであること確認してください
  3. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「マイコンピュータ」から本体の空き容量を確認してください
  4. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「再起動」もしくは「シャットダウン」を選択してください
  5. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「コントロールパネル」から不要なアプリケーションを削除してください
  6. 「デスクトップ画面」→「タスクバー(画面右下)」からバックグラウンドで動作しているアプリを停止してください
  7. 「Windows」パソコン本体に接続している周辺機器などを取り外してください
  8. 【追記】:上記の設定でも解決しない場合は、「Apple」側に何らかの障害が発生している可能性があります。公式サイト・ツイッターアカウントなどからお問い合せてください
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑