【2016年版】ブラック企業の求人情報の特徴と見分け方をまとめてみた【完全保存版】

公開日: : まとめ記事, ライフハック, 裏技

 2016年も早いもので7月になり、多くの就職活動(新卒採用、中途採用など)を行っている一般の方も多いと思います。そうした中で、未だに内定を得ていない方に忍び寄る「ブラック企業」という日本の社会が生み出したモンスターの特徴と攻略方法についてまとめていきたいと思います。

【2016年版】ブラック企業の求人情報の特徴と見分け方をまとめてみた【完全保存版】 1x1.trans

 下記が『【2016年版】ブラック企業の求人情報の見分け方と見破る裏技設定方法【完全保存版】』についてのまとめです。

【スポンサーリンク】

1、求人情報の画像をよく見ろ!もしかしたらその画像はフリー素材かもしれない?

 ネット上に掲載されている多くの求人情報には職場環境を撮影した「画像」などが掲載されていますが、この画像がフリー素材であるケースが多いようです。もしもそういった場合は「ブラック企業」である可能性が高いです。なぜなら「職場」や「社員」などに何らかの問題があると考えられます。

 こうした問題の対処方法には、その求人情報に掲載されている画像を一時的に保存し、再度「Google画像検索」から検索することで判明する可能性が高いです

2、求人情報の内容をよく見ろ!もしかしたらハローワークに本当の正体が?

 ネット上の転職サイトや新卒・既卒向けサイトには多数の求人情報が掲載されていますが、多くの場合「都合のいい」内容となっており、入社後に「こんなはずじゃなかった!」と後悔するケースが多いようです。

 そうした事態を防ぐ場合は、「(会社名) ハローワーク」で「Google検索」で検索します。もしかしたら「ハローワーク」にも同じ会社の求人情報が掲載されていた場合、ネット求人情報との違い(休日数、給与、賞与など)があるケースが多いので実践してください

3、求人情報の評判をよく見ろ!もしかしたら会社の評判はこのキーワードで丸分かり?

 ネット上にて公開されている求人情報に掲載されている会社の評判を知りたい場合は、いわゆる口コミ系サイト(「転職会議」「カイシャの評判」など)を参考にすることをオススメします。

 ほかにも「Google検索」などで「(会社名) 評判」、「(会社名) 2ch」などの複合キーワードで検索することで意外と知らない会社の口コミや評判を確認することができます

4、入社前もしく入社前後によく見ろ!もしかしたらこの過去記事を読めば「ブラック企業」を回避できるかも?

ブラック企業に入社してしまった時は絶対行くべき相談窓口まとめ!】:こちらの過去記事では入社後にブラック企業に入社した場合にあなたを助けてくれる相談・サポート窓口が設けられている機関についての情報をまとめています

あなたの会社はブラック企業&会社であるかもしれない理由をまとめてみた!】:こちらの過去記事ではブラック企業によく見られる特徴などが掲載されており、面接などで会社側に赴く場合に参考にして欲しい情報についてまとめています

『ハローワーク求人情報からブラック企業を見分ける方法』をまとめてみた!!】:こちらの過去記事ではハローワークに掲載されているブラック・ホワイト企業についての特徴が掲載されており、これらの特徴を踏まえながら求人情報を参考にしてほしいです

転職者&新卒者が入社前に気づくべき『ブラック企業』の特徴をまとめ】:こちらの過去記事では転職活動をしている人にオススメです。多くの転職系サイトの求人情報に多く見受けられる内容なので参考にしてください

【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑