【解決】Twitterのタイムラインが表示/更新されないバグ不具合障害の対処設定方法

 Appleから発売されている最新モデル『iPhone6S』や『iPodtouch6』などのiOSデバイスやAndroidスマートフォン・タブレット向けにリリースされているSNSアプリ『Twitter』を最新バージョンにアップデート後に「タイムラインがエラーで更新できない!見れない!表示されない!繋がらない!接続できない!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しています

【解決】Twitterのタイムラインが表示/更新されないバグ不具合障害の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】「Twitter」アプリのタイムラインを更新できないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです。

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにアップグレードします
  2. 「ホーム画面」→「AppStore」から現在利用している「Twitter(ツイッター)」を最新バージョンにアップデートします
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「機内モード」をオン・オフを繰り返し、もしくは「コントロールセンター」から「機内モード」をオン・オフを繰り返します
  4. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「Wi-Fi」から現在接続している公衆無線LAN・Wi-Fiスポット以外の別の接続先を選択します
  5. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「Wi-Fi」から現在接続している公衆無線LAN・Wi-Fiスポットの「DNS」欄を「8.8.8.8」に変更します
  6. 「ホームボタン」と「電源ボタン」を同時押し→iOS/Androidデバイスを強制的に再起動します
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑