【解決】Twitterのアカウントをパソコンで削除できない場合の対処設定方法(Windows/Mac対応)

公開日: : 最終更新日:2021/04/23 まとめ記事, ツイッターの使い方

 Appleから発売されている最新モデル「MacBook」や「iMac」などの「Mac」シリーズや「Windows」を搭載したパソコン向けに提供されているSNSサービス「Twitter」を利用している際に「ログインしている自分のアカウントをパソコン側から削除できない!消去されない!反映されない!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているようです 下記が『【解決】「Twitter」で自分のアカウントを削除/消去できないバグ不具合障害の対処設定方法(Windows/Mac対応)』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「デスクトップ画面」→「GoogleChrome」もしくは「InternetExplorer」などのブラウザから「Twitter」を開き、アプリ内にて使用しているアカウントにログインします
  2. 【新バージョンの場合】:「トップ画面」にて「もっと見る(画面左)を選択→「設定とプライバシー」→「設定」画面にて「アカウント」を選択してください
  3. 「アカウント」画面にて「アカウント削除」を選択→「パスワードを確認」画面にてパスワードを入力し、「アカウント削除」を選択します
  4. 【旧バージョンの場合】:「トップ画面」にて「アイコン(画面右上)」を選択→「設定とプライバシー」→「ユーザー情報」を選択します
  5. 「ユーザー情報」画面にて「アカウントを削除」を選択→「@〜を削除する前に、こちらをご覧ください」画面にて「@〜を削除」を選択します
  6. 「退会する」画面にて「削除するTwitterのパスワード」を入力し、「退会する」を選択します
  7. 【上記の設定後でも解決しない】「デスクトップ」→「スタートメニュー」→「再起動」を選択し、Windows本体を再起動後に試してください
  8. 「デスクトップ」→「リンゴマーク(画面左上)」→「再起動」を選択し、Mac本体を再起動後に試してください
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑