【解決】Twitterアプリでアカウントのデータ収集を無効化できない場合の対処設定方法

公開日: : まとめ記事, ツイッターの使い方

 Appleから発売されている新型モデル『iPhone7SPlus』や『iPadPro』などのiOSデバイスやAndroidスマートフォン・タブレット向けにリリースされているSNSアプリ「Twitter」を最新バージョンにアップデート後「ログインしているアカウントのアクティビティなどのデータを収集されるのを無効化できない!」などの使い方が分からない一部のユーザーが慢性的にで発生しているようです

【解決】Twitterアプリでアカウントのデータ収集を無効化できない場合の対処設定方法 1x1.trans 下記が『【解決】「Twitter」公式アプリで興味関心などのデータの収集を無効化できないバグ不具合障害の対処設定方法』(Ver.7.0対応)についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「Twitter」を開く→「プロフィール」を選択→「歯車(画面右上)」を選択→「設定とプライバシー」を選択します
  2. 「設定とプライバシー」画面にて「アカウント」を選択→「Twitterデータ」を選択します
  3. 「Twitterデータ」画面にて「データ」タブの「Twitterから取得した興味関心」もしくは「パートナーから取得した興味関心」のすぐ横にある「編集」を選択することにより、ログインしているアカウントのアクティビティから収集された興味関心のあるカテゴリーが表示されるので、不要なカテゴリーの「✓マーク」を外してください
  4. 【上記の設定でも解決しない場合】:「ホーム画面」→「AppStore」もしくは「GooglePlayストア」の「アップデート」から「Twitter」を最新バージョンにアップデートしてください
  5. 「ホーム画面」の「戻る(画面右下)」を選択→バッググラウンド画面から「Twitter」アプリを横にスワイプします(Androidの場合)
  6. 「ホームボタン」を2回押す→バッググラウンド画面から「Twitter」アプリを上にスワイプし、アプリを再起動させます(iPhoneの場合)
  7. 「ホームボタン」と「電源(音量)ボタン」を同時押しし、iOS/Androidデバイスを強制的に再起動してください
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑