Twitterやネットの黒歴史を削除・閲覧サイト裏技方法まとめ(就活生必見!)

公開日: : 最終更新日:2016/01/10 まとめ記事, サービス, ツイッターの使い方

過去にTwitterなどのSNSや掲示板などを利用していて、ちょっとした軽い気持ちでインターネット上に『黒歴史』を残してしまったことありませんか?最近では、企業の人事部も希望者の名前を入社前に閲覧しているなどの噂がありますよね・・。

Twitterやネットの黒歴史を削除・閲覧サイト裏技方法まとめ(就活生必見!) 1x1.trans

 下記が『【就活生必見】SNSやWebサービスでの「黒歴史」を削除・閲覧確認するサイト設定方法』のまとめです。

【スポンサーリンク】
  • インターネットやSNS上での『黒歴史』が保管されている可能性のあるサイト
  1. InternetArchive』:インターネット上で保存されているページやデータを永続的に保管されている『インターネット図書館」として利用されています。そのデータ数は、2001年10月時点で約100億ページにものぼるしいので、今はもっと増えている可能性が高いです。
  2. ツイプロ』:Twitterユーザーのプロフィールから位置情報からの地域情報や職業や趣味なども特定されています。削除依頼は、『運営ページ』から報告すれば可能です
  • インターネットやSNSでの『黒歴史』や個人情報を削除する設定方法まとめ
  1. 【Googleの場合】Googleが運営している『Google検索』から消したいページのURLをウェブページから削除する場合は『ウェブページ削除リクエスト』にアクセスします
  2. 『新しい削除リクエスト』をクリック→空白のURL欄に該当のページのアドレスを入力します→『続行』を選択→『このページを削除』を選択します
  3. 【Yahoo!の場合】Yahoo!が運営している『Yahoo!検索』では裁判所などの判断により、リンク削除及び記事の「タイトル部分」「テキスト抜き出し部分」が削除されます
  • 意外と盲点!iPhone・Androidスマートフォン・タブレットで撮影した画像や写真の現在位置情報が丸分かり?
  1. 【iPhone】の場合は『ホーム画面』→『設定アプリ』→『プライバシー』→『位置情報サービス』をオフにする
  2. 【Android】の場合は『ホーム画面』→『設定アプリ』→『位置情報』→『位置情報』『位置情報サービス』『現在地送信機能』をオフにする
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑