『Gmail』アドレス&パスワードの流出阻止対策・対処方法まとめ

公開日: : 最終更新日:2015/07/04 まとめ記事

先日、ビットコインに関するフォーラムサイト『btcsec.com』内にて、第三者のGmailのメールアドレスやパスワードを組み合わせた情報が約500万件流出しているという衝撃的なニュースが流れました。日本ユーザーの被害などは報告されていませんが注意が必要のようです。

『Gmail』アドレス&パスワードの流出阻止対策・対処方法まとめ 1x1.trans

 下記が「『Gmailアドレス&パスワード』が流出しているか」確認する対策・方法です

【スポンサーリンク】

1、『Security Alerts from KnowEm』にアクセスし、Gmailアドレスを入力し、ご自身の個人情報が流出しているかなどを検索する

・『Gmail』などのGoogleのサービスで利用しているパスワードなどを入力することで、ご自身のアカウントがハックされているかどうか判明します。

2、もしも『Gmail』のアドレスやパスワードなどが流出していた場合は、Googleの設定から『Google2段階認証プロセス』を有効にする

・この方法は、パスワード入力時に通常のパスワードと共に、あらかじめ登録していた携帯電話番号や自動音声などから専用のパスワードを『認証コード』に設定するというシステムのことをいいます

3、Googleの情報を取り扱う「iPhoneやiPadなどのアプリ」の対処方法

・iOS用アプリ『Google Authenticator』を利用することで、いちいちパスワードやアドレスの入力の一連の流れなどを省くことができるので重宝します。

【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑