『PlayStation4』を購入する人のためにできること・できないことをまとめてみた!!

公開日: : 最終更新日:2015/08/23 まとめ記事, ゲーム, 新商品

 
 発売して数週間が経った「PlayStation4」ですが、ここにきて予想以上の大反響で世界では600万台(3月2日)、日本では37万台という販売台数を記録しました。
『PlayStation4』を購入する人のためにできること・できないことをまとめてみた!! 1x1.trans
 そんな中で、現在「PlayStation4」の購入を考えている方のために出来ること・出来ないこと(メリット・デメリット)をまとめていきたいと思います!!
【スポンサーリンク】
【できること】
『PlayStation4』を購入する人のためにできること・できないことをまとめてみた!! 1x1.trans
・PS3の基本的な機能は踏襲している。

・サスペンドモード(休止モード)が搭載されている

・セカンドプロセッサの搭載によりスタンバイの状態でダウンロードやアップデート可能(PS3では不可)
 
・コントローラにスピーカーとヘッドホン端子、タッチパネル搭載(シリーズ初)
 
・スマホやVitaなどをセカンドスクリーンとして使用可能

・プレイ画面を常時録画可能

・本体のみで動画投稿サイトでの生中継が可能
 

・Vitaとの連携強化によりPS4のほとんどのソフトはVitaでもプレイ可能


・『PlayStation4』と『PlayStation3』の映像比較

【できないこと】
 
『PlayStation4』を購入する人のためにできること・できないことをまとめてみた!! 1x1.trans
 ・PS1/PS2/PS3のゲームはプレイできません(互換性なし)
 
 ・映像出力はHDMIのみ
 
 ・DVD/BDの再生を行うには最初にインターネットに接続しなければいけません。
 
 ・CDは使用できません
 
 ・オンラインマルチプレイを行う際は、PS plusに加入しなければいけません。(月額   制)
  →1ヶ月476円+税、3ヶ月1238円+税、12ヶ月4762円+税
 
 ・Torneは使用できません
 
 ・nasne(ナスネ)は使用できません
 
 ・Bluetooth機器などの使用は限定されます
 
 ・PS3で使っていたコントローラーのUSBケーブルは再利用できません
 

 以上が現状考えられている『PlayStation4』のメリット・デメリットです。他にも違いが判明したらどんどん更新していきたいと思います。

【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑