『iPhone5S』の『LTE』通信が不安定でも大丈夫!『3G』通信を劇的に速くする方法をまとめてみた!

公開日: : 最終更新日:2015/07/03 iPhone, まとめ記事, 裏技

 現在、『iPhone5S』や『iPhone5』では高速データ通信『LTE』を利用することができますが、まだまだ日本全国で『LTE』回線が普及されておらず、都市圏では高速通信が可能でも、郊外などに行くと電波が不安定になり『3G 』通信に切り替わってしまうことが多々あります。
『iPhone5S』の『LTE』通信が不安定でも大丈夫!『3G』通信を劇的に速くする方法をまとめてみた! 1x1.trans
 そこで今回は、『「LTE」が通信できなくても大丈夫!「3G」を劇的に速くする方法』をまとめた!!
【スポンサーリンク】
①『SIMカード』を挿し直す

iPhone本体の横にある『SIMトレー』から『SIMカード』を取り出し、刺し直す
 
『SIMカード』を挿入後、本体を再起動する
 
②『機内モード』にする

『設定』→『機内モード』をオン→数十秒後『オフ』にする
 
もしくは『設定』→『機内モード』をオン→『再起動』→数十秒後『オフ』にする
 
③Wi-Fiを利用し、DNS設定を行う

『設定』→『Wi-Fi』→『DNS』を選択し、下記のDNSに書き換える
 
「129.250.35.250,129.250.35.251」
 
④標準アプリ『Safari』のCookieデータを削除する

『設定』→『Safari』→『Cookieとデータを削除』を選択する
 
⑤データローミングを行う

『設定』→『一般』→『ネットワーク』→『データローミング』設定をオンにする
 
【脱獄(Jailbreak)編】
 
④ご利用の端末を脱獄(Jailbreak)し、ネットを高速化する脱獄アプリ『Nitrous』をインストールする
『ホーム画面』→『Cydia』→『検索』→『Nitrous』をインストールする
 
⑤ご利用の端末を脱獄(Jailbreak)し、ネットを高速化する脱獄アプリ『TCP Optimizer』をインストールする
『ホーム画面』→『Cydia』→『検索』→『TCP Optimizer』をインストールする

 『LTE』通信は便利な反面、『7GB』以上のパケットを利用すると『通信制限』が設けられます。そういった場合に今回紹介した方法を参考にしてくだいさい!!
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑