iPhone6やiOS8のWi-Fi不具合の解決・対策方法についてまとめてみた!

公開日: : 最終更新日:2015/07/03 Apple, iOS8, iPhone6, まとめ記事

 先日、Appleが『iPhone6』や『iPhone6 Plus』向けにリリースした大型アップデート『iOS8』ですが、バッテリーやWi-Fiなどの不具合やバグが発生し、すでにバグ修正版となる『iOS8.0.1』と『iOS8.0.2』がリリースされています。

iPhone6やiOS8のWi Fi不具合の解決・対策方法についてまとめてみた! 1x1.trans

 そこで今回は、「『iOS8』のWi-Fi不具合(遅延&不安定)の対処方法と解決方法(iPhone6、iPhone6Plus含む)』についてまとめてみた!

【スポンサーリンク】

【『iOS8』のWi-Fi不具合に対する主な対策(iPhone6、iPhone6Plus含む)】

  1. 『設定』→『Wi-Fi』→『接続済みのWi-Fiを選択』→『DHCPリースを更新(静的)』
  2. 『設定』→『Wi-Fi』→『接続済みのWi-Fiを選択』→『DNSを8.8.8.8に変更する』
  3. 『設定』→『一般』→『リセット』→『ネットワーク設定をリセット』
  4. 『設定』→『一般』→『リセット』→『すべてのコンテンツと設定を消去』
  5. 『設定』→『プライバシー』→『位置情報サービス』→『システムサービス』→『Wi-Fiネットワーキング』を無効
  6. 『設定』→『iCloud』→『キーチェーン』をオフにする→『ネットワーク設定をリセット』→『キーチェーン』を再びオンにする
  7. 『設定』→『Wi-Fi』→『その他』→ルーターの背面に書いている『SSID』と『パスワード』を入力→『WPA2』を選択し再接続する

(『iPhone6 Plus』などのiPhone、iPadシリーズのバッテリー問題はこちらの記事を参考にしてください)

【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑