【解決】PC版「LINE」でビデオ通話ができない/映らないバグ不具合障害の対処設定方法

公開日: : 最終更新日:2017/05/13 LINEの使い方, まとめ記事

 Appleから発売されている最新モデル「MacBookPro(Air)」や「iMac」などの「Mac」シリーズや「Windows」を搭載したパソコン向けに提供されているSNSサービス「LINE」を利用している際に「アプリ内にて登録済みの友だちとビデオ電話ができない!相手の顔が映らない!表示されない!見れない!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているようです

【解決】PC版「LINE」でビデオ通話ができない/映らないバグ不具合障害の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】PC版「LINE」で友だちとビデオ通話ができない/映らないバグ不具合障害の対処設定方法(Windows/Mac対応)』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「デスクトップ画面」→「LINE」を開く→「ログイン」画面にて使用しているアカウントの「メールアドレス」と「パスワード」を入力しログインします
  2. 「トップ画面」にて「歯車(画面右上)」を選択→「設定」→「通話」を選択します
  3. 「設定」画面にて「スピーカーの設定」を選択し、「既定のスピーカー」もしくは「Built-in Speaker」などから変更します
  4. 「設定」画面にて「マイクの設定」を選択し、「既定のスピーカー」もしくは「Built-in Microphone」などから変更します
  5. 「設定」画面にて「カメラの設定」を選択し、「FaceTime HDカメラ(推奨)」などから変更することができます
  6. 【上記の設定後でも解決しない場合】:「デスクトップ」→「スタートメニュー」→「再起動」を選択し、Windows本体を再起動後に試してください
  7. 「デスクトップ」→「リンゴマーク(画面左上)」→「再起動」を選択し、Mac本体を再起動後に試してください
  8. 「デスクトップ」→「InternetExplorer」または「GoogleChrome」などのブラウザから「LINE」公式サイトにアクセスし、最新バージョンの「LINE」をインストールしてください(「Windows」の場合)
  9. 「デスクトップ」→「MacAppStore」を起動→「アップデート」から「LINE」を最新バージョンにアップデートしてください(「Mac」の場合)
  10. 「Windows」もしくは「Mac」を搭載しているパソコンを利用している場合は、現在接続している公衆無線LAN・Wi-Fiスポットなどの別の接続先を選択してください
  11. 「Windows」もしくは「Mac」を搭載しているパソコンを利用している場合は、現在接続している公衆無線LAN・Wi-Fiスポットなどの「DNS」を「8.8.8.8」に変更します
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
PAGE TOP ↑