MacBookAir/Proがリコール対象か確認する対処方法まとめ(iPhone&iPad対応)

公開日: : 最終更新日:2015/07/04 Apple, Mac, まとめ記事, サービス

先日、MacRumorsというサイトによると、Appleから発売されている『MacBookPro Retinaディスプレイモデル』のディスプレイ部分と本体アルミ部分の結合部分に施された反射防止コーティングが剥がれ、『キズ』などが付いた状態になるとの不具合が一部ユーザーから報告されていると述べています。

MacBookAir/Proがリコール対象か確認する対処方法まとめ(iPhone&iPad対応) 1x1.trans

 現在のところ、この問題に対してApple側からの公式アナウンスを行っておらず、無償交換や修理の対象になるかどうかも不明ですが、一部のユーザーがAppleが交換に応じたと報告しています。 

【スポンサーリンク】
  • 欠陥品や不具合が生じている『MacBookAir』が補償の対象か確認する方法

 以前に、一部の『MacBookAir』のSSDドライブに不具合が生じ、Apple側が同モデルの無償交換に応じる「リコール」騒ぎになったことがありましたが、この時の「リコール」対象の確認は、Apple公式サイト内の『保証状況とサービス期間を確認する』から問題のある「MacBookAir」のシリアルコードを入力することで補償対象か確認することが可能です。(確認後はApple直営店や販売店にて交換を受付けされていました)

【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑