【解決】iPhoneのSafariで「位置情報の取得に失敗しました」と表示された場合の対処設定方法(iOS10対応)

公開日: : iOS10, まとめ記事, 神アプリ

 Appleから発売されている新型モデル「iPhone7Plus」や「iPadPro」などのiOSデバイス向けにリリースされた最新バージョン「iOS10」にアップグレード後に「SafariやChromeブラウザを利用している際に『位置情報の取得に失敗しました。端末の設定をご確認ください』と表示され、Webサイトを見れない!閲覧できない!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているようです

【解決】iPhoneのSafariで「位置情報の取得に失敗しました」と表示された場合の対処設定方法(iOS10対応) 1x1.trans

 下記が『【解決】iOS10アップデート後にSafariやChromeブラウザで位置情報の取得に失敗しましたと表示されるバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにアップグレードします
  2. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「プライバシー」→「位置情報サービス」をオンにします
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「プライバシー」→「位置情報サービス」から「Safari」もしくは「Chrome」をオンにします
  4. 「ホームボタン」を2回押す→バッググラウンド(マルチタスク)画面から「Safariもしくは「Chrome」などのブラウザアプリを上にスワイプし、アプリを再起動します
  5. 【追記】:上記の設定でも解決しない場合は、「ホームボタン」と「電源(スリープ)ボタン」を同時押し→iOSデバイスを強制的に再起動し、同じ設定を行ってください
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑