【解決】iOS9.0.1でアプリが重い・落ちる・起動が遅い/しないバグ不具合の対処設定方法

公開日: : 最終更新日:2015/09/28 iOS9, まとめ記事

 本日、Appleから最新モデル『iPhone6S』から『iPadmini4』や旧モデル『iPhone4S』などのiOSデバイス向けにリリースされた最新マイナーアップデートバージョン『iOS9.0.1』ですが、アップデート直後に一部のユーザー間で「インストールしたアプリやミュージックなどの標準アプリの動作がおかしい・動かない・重い」などのバグ不具合障害が発生しているそうです 

【解決】iOS9.0.1でアプリが重い・落ちる・起動が遅い/しないバグ不具合の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】「iOS9.0.1」アップデート後にアプリが落ちやすい・重い・起動しないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです。

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンをダウンロードする
  2. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「Appのバッググラウンド更新」をオフにする
  3. 「ホーム画面」→「設定」→「SpotLight検索」→「Siriの検索候補」をオフにする
  4. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「コントラストを上げる」→「透明度を下げる」をオンにする
  1. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「リセット」→「キーボードの変換学習をリセット」を選択します
  2. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「リセット」→「すべての設定をリセット」を選択します
  3. 「ホーム画面」→「AppStore」→「アップデート」から最新バージョンのアプリをダウンロード&インストールする
  4. 「ホーム画面」→「AppStore」を開く→アプリの「詳細」画面に「iOS9.0」のバージョンが対応しているかを確認する
  5. 「ホームボタン」を2回押す→バッググラウンド画面から現在動作しているアプリの上にスワイプし、動作を停止する
  6. 「ホームボタン」と「スリープボタン」を同時押し→iOSデバイスが強制的に再起動されます
  7. 「スリープボタン」を長押し→「スライドで電源オフ」を右にスライド→再度「スリープボタン」を長押し、再起動されます
  8. 【復元】「iTunes」から最新バージョン「iOS9.0」を「iPhone6S」や「iPadmini4」などのiOSデバイスにクリーンインストール後、再度アップデートしてください
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑