iOS8のiPhone4S/iPad2が重い時の対処方法&バッテリー長持ち設定

公開日: : 最終更新日:2015/07/03 iOS8, iPad, iPhone, まとめ記事

昨年、AppleからiPhoneやiPad向けにリリースされた最新バージョン『iOS8.1』ですが、現在発売されている『iPhone6』や『iPhone5』『iPhone5S』などの最新モデルでは難なく動作するようですが、『iPhone4S』や『iPad2』では動作がモッサリするなどの不具合が生じているようです。

iOS8のiPhone4S/iPad2が重い時の対処方法&バッテリー長持ち設定 1x1.trans

 下記が『iOS8.1を入れたiPhone4S・iPad2のスピード動作とバッテリーの持続時間を上昇する設定方法』のまとめです。

【スポンサーリンク】
  • 『設定』アプリからiOSデバイス本体の設定からスピードを変更する

  1. 『ホーム画面』→『設定』→『一般』→『アクセシビリティ』に行きます
  2. 画面中央の『視差効果を減らす』をオンにします
  1. 『設定』→『Bluetooth』機能をオフにする
  2. 『設定』→『自動ロック』機能を『1分』にする
  3. 『設定』→『壁紙/明るさ』の『明るさ自動調整機能』をオフにする
  4. 『設定』→『一般』→『Appのバックグラウンド更新』をオフにする
  5. 『設定』→『iTunes&AppStore』の自動ダウンロード機能をオフにする
  6. 『設定』→『一般』→音声アシスタント『Siri』の機能をオフにする
  7. 『設定』→『機内モード』をオンにし、『Wi-Fi』をオンにする
  8. 『設定』→『Wi-Fi』→『接続を確認』をオフにする
  9. 『設定』→『アクセシビリティ』→『コントラストを上げる』→『透明度を下げる』をオンにする
  10. 『設定』→『コントロールパネル』→『AirDrop』をオフにする
  11. 『設定』→『一般』→『HandOffと候補のApp』→『HandOff』をオフにする
  12. 『設定』→『通知センター』→『プッシュ通知』をオフにする
  13. 『設定』→『一般』→『Spotlight検索』をオフにする
  14. 『設定』→『iTunes&AppStore』→『アップデート』をオフにする
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑