iOS8.1.3アプデ後Wi-Fi接続できない対処方法設定裏技まとめ

公開日: : 最終更新日:2015/07/03 iOS8, まとめ記事

先日、Appleから『iPhone6Plus』『iPadAir2』などのiOSデバイス向けにリリースされている最新バージョン『iOS8.1.3』ですが、アップデートを行った一部のユーザーに『Wi-Fiに接続することができない』などの不具合が報告されています。

iOS8.1.3アプデ後Wi Fi接続できない対処方法設定裏技まとめ 1x1.trans

 下記が『「iOS8.1.3」でWi-Fiに接続できない不具合の対策対処設定方法』のまとめです。

【スポンサーリンク】
  1. 『ホーム画面』→『設定』→『一般』→『リセット』→『ネットワークの設定をリセット』、または現在利用している無線LANルーターの動作を停止し、一度再起動する
  2. 『ホーム画面』→『設定』→『Wi-Fi』→『その他』→ル−ターの背面面に書いている『SSID』と『パスワード』を入力→『WPA2』を選択し、再度接続をおこなう
  3. 『ホーム画面』→『設定』→『Wi-Fi』→現在接続している『無線LAN・Wi-Fi』の詳細画面(iマーク)』を選択する→『DHCPリースを更新(静的)』に変更
  4. 『ホーム画面』→『設定』→『Wi-Fi』→現在接続済みの『無線LAN・Wi-Fi』の詳細画面(iマーク)』→「DNS」欄を『8.8.8.8』に変更
  5. 『ホーム画面』→『設定』→『一般』→『リセット』→『ネットワーク設定をリセット』を選択します
  6. 『ホーム画面』→『設定』→『一般』→『リセット』→『すべてのコンテンツと設定を消去』からiOSデバイスを「工場出荷前状態」に戻す
  7. 『ホーム画面』→『設定』→『プライバシー』→『位置情報サービス』→『システムサービス』→項目の中の『Wi-Fiネットワーキング』の設定をオフに
  8. 『ホーム画面』→『設定』→『iCloud』→『キーチェーン』をオフ→『ネットワーク設定をリセット』→『キーチェーン』の設定をオンにする
  9. 最終手段として「不具合が生じているiPhoneやiPad」をお使いのPCに接続→『iTunes』を開く→『バックアップを作成』→『復元』→『バックアップから復元』し、データの復元を開始します。
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑