【解決】iOS11.1でWi-FiやLANに繋がらない/接続できないバグ不具合障害の対処設定方法

公開日: : iOS11, まとめ記事

 2017年11月1日(日本時間)、Appleから発売されている最新モデル「iPhone8Plus」や「iPhoneX」シリーズなどのiOSデバイス向けにリリースされたマイナーアップデートバージョン「iOS11.1」にアップグレード後に「駅や周辺施設などに設置されている公衆無線LAN・Wi-Fiスポットに接続できない!繋がらない!」などの使い方が分からない一部のユーザーが慢性的に発生しているようです

【解決】iOS11.1でWi FiやLANに繋がらない/接続できないバグ不具合障害の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】iOS11.1アップデート後に公衆無線LAN・Wi-Fiスポットに接続できない/繋がらないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」からiPhone・iPadを最新バージョンにをアップデートしてください
  2. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「モバイルデータ通信」→「Wi-Fiアシスト」をオン・オフを繰り返します
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「モバイルデータ通信」→「インターネット共有」をオフにします
  4. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「モバイルデータ通信」→「4Gをオンにする」をオフにし、iOSデバイスを再起動し、再度オンにします
  5. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「Wi-Fi」から既に接続済みの公衆無線LAN・Wi-Fiスポット以外の接続先を選択します
  6. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「Wi-Fi」から既に接続済みの公衆無線LAN・Wi-Fiスポットの「iマーク」を選択→「DNS」を選択→「DNSを構成」を選択→「手動」を選択→「8.8.8.8」と入力しまます
  7. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「Wi-Fi」→「接続を確認」をオン・オフを繰り返します
  8. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「機内モード」をオン・オフをくり返す、もしくは「コントロールセンター」から「機内モード」をオン・オフを繰り返します
  9. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「リセット」→「ネットワーク設定をリセット」を選択します
  10. 「電源ボタン」を長押し→「スライド電源をオフ」を右にスワイプし、iOSデバイスの電源を終了し、再度電源をつけます
  11. 「ホームボタン」を2回押す→バッググラウンド(マルチタスク)画面から全てのアプリを上にスワイプし、「設定」アプリから上記の方法を試してください
  12. 「ホームボタン」と「電源(スリープ)ボタン」を同時押し→iOSデバイスが強制的に再起動します(「iPhone7Plus」シリーズの場合は音量ボタンのマイナスボタンを同時押しで再起動されます
  13. 「iPhone8」シリーズの場合は「音量ボタン」の「プラスボタン」を押す、「マイナスボタン」押す、「電源ボタン」を長押しで再起動されます
  14. 【追記】:公衆無線LAN・Wi-Fiスポットに接続できない場合は、本体のファームウェアを「Windows」または「Mac」を搭載したパソコン側から最新バージョンにアップデートしてください
  15. 【追記】:公衆無線LAN・Wi-Fiスポットに接続できない場合は、チャネル帯域(チャネル幅)を「Windows」または「Mac」を搭載したパソコン側からAppleが正式発表している「推奨値」に変更してください
  16. 【追記】:公衆無線LAN・Wi-Fiスポット接続できない、同ルーターの電源を再起動するか、LANケーブルを別の差込口に変更してください
  17. 【追記】:上記の設定でも解決しない場合は、最終手段として過去記事『iOS11.1からiOS11.0.3にダウングレード復元する場合の対処設定方法(脱獄なし)』から旧バージョンにダウングレードすることを検討してください。この方法のご利用については自己責任でお願いします
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑