【確認】Instagramで自分が相手からブロックされているかを調べる設定方法

 Appleから発売されている最新モデル「iPhone7Plus」や「iPhone6S」などのiOSデバイスやAndroidスマートフォン・タブレット向けにリリースされているSNSアプリ「Instagram」を利用している際に「自分が相手からブロックされているかを確認できない!調べれない!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているようです

【確認】Instagramで自分が相手からブロックされているかを調べる設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】Instagram(インスタグラム)で自分から相手にブロックされているかを確認できないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 【その①】:「ホーム画面」→「AppStore」もしくは「GooglePlayストア」から「Instagram」を最新バージョンにアップデートします
  2. 【その②】:「ホーム画面」→「Instagram」を開く→「虫眼鏡(右から2番目)」からブロックされているかを確認したいユーザーを選択し、「プロフィール」画面で「フォローする」を選択してもすぐに、「フォローする」に戻るとブロックされています
  3. 【その③】:「ホーム画面」→「Instagram」を開く→「人間マーク(画面右端)」→「歯車(オプション)」を選択します
  4. 「オプション」画面にて「アカウントを追加」から別アカウントを作成し、ブロック疑惑のあるユーザーをフォローし、相手の投稿が閲覧できたら元のアカウントはブロックされています」
  5. 【追記】:上記の設定でも「ブロックされているかを確認できない」場合は、「ホーム(電源)ボタン」と「電源(音量)ボタン」を同時押し→iOS/Androidデバイスを強制的に再起動します
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑