【解決】「iCloud」のバックアップから復元できない/時間がかかるバグ不具合の設定対処方法

公開日: : Apple, まとめ記事, サービス

アップルから発売されている最新モデル『iPhone6Plus』や『iPadAir2』などのiOSデバイス向けに提供されている独自サービス『iCloud』で作成・保存されたバックアップからiPhone/iPad/iPadmini/iPodTouchなどのiOSデバイスを復元・復活できない不具合バグ障害が発生し、困った経験ありませんか?

【解決】「iCloud」のバックアップから復元できない/時間がかかるバグ不具合の設定対処方法 1x1.trans

 下記が『【機種変更】「iCloud」の「バックアップデータ」からiPhone/iPad/iPodTouchで復元・復活できない場合の対処設定方法』についてのまとめです。

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「設定」→「Wi-Fi」から信頼性のあるWi-Fiに接続します(LTEや3Gを利用する場合は「パケット通信量」の制限に注意)
  2. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「使用状況」から不要なアプリをアンイストール削除します
  3. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」から最新バージョン「iOS8.4」などにする
  4. 「ホーム画面」→「設定」→「iCloud」から不要なバックアップ(Safariやメモなど)をオフにします
  5. 「ホーム画面」→「設定」→「iCloud」→「容量」→「ストレージ容量」から「カメラロール」をオフにします
  6. 「ホーム画面」→「設定」→「iCloud」→「バックアップ」→「iPhoneの復元を中止」を選択→「中止」を選択します
  7. Windows/Macに搭載されている「iTunes」を開く→「iPhone/iPad/iPodTouch」をUSB接続します→「復元」から「工場出荷前状態」に戻す→「バックアップ」から以前のバックアップを選択します
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑