【解決】Googleマップでストリートビューが表示されない/使えないバグ不具合障害の対処設定方法

公開日: : Google, まとめ記事, 神アプリ

 Appleから発売されている最新モデル『iPhone6SPlus』や『iPadmini4』などのiOSデバイスやAndroidスマートフォン・タブレット向けにリリースされているGoogle公式地図アプリ『Googleマップ(GoogleMap)』を最新バージョンにアップデート・インストール後に、『検索した地域・場所の周辺のストリートビューが閲覧できない!見れない!表示されない!確認できない!』などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているようです

【解決】Googleマップでストリートビューが表示されない/使えないバグ不具合障害の対処設定方法 1x1.trans

下記が『【解決】Googleマップ(GoogleMaps)でストリートビューが見れない/表示できない/使えないバグ不具合障害の対処設定方法(iPhone/Android対応)』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「AppStore」もしくは「GooglePlayストア」から「Googleマップ(GoogleMaps)」を最新バージョンにアップデートします
  2. 「ホーム画面」→「AppStore」もしくは「GooglePlayストア」から「Googleマップ(GoogleMaps)」の「詳細」タブからお使いのiOS・Androidのバージョンに対応しているかを確認してください
  3. 「ホーム画面」→「Googleマップ(GoogleMaps)」を起動→「マップ」画面上を長押し→「赤い矢印」を選択します
  4. 「指定した地点(画面下部)」を選択→画面下部に表示されている画像部分を選択することで「ストリートビュー」が開きます
  5. 【上記の設定でも使えない場合】:「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにアップグレードします(iPhoneの場合)
  6. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「端末情報」→「システム・アップデート」から最新バージョンにアップデートします(Androidの場合)
  7. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「プライバシー」→「位置情報サービス」→「Googleマップ」をオンにします(iPhoneの場合)
  8. 「ホーム画面」→「通知パネル」→「位置情報サービス」をオン、「ホーム画面」→「設定アプリ」→「位置情報サービス(GPS)」をオンにします(Androidの場合)
  9. 「ホーム画面」の「□(画面右下)」を選択→バッググラウンド(マルチタスク)画面から「Googleマップ」アプリの動作を停止し、アプリを再起動します(Androidの場合)
  10. 「ホームボタン」を2回押す→バッググラウンド画面から「Googleマップ」アプリを上にスワイプし、アプリを再起動します(iPhoneの場合)
  11. 「電源(スリープ)ボタン」と「ホームボタン(音量ボタン)」を同時押し→iOS/Androidデバイスを強制的に再起動後に、同じ設定を行ってください
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
PAGE TOP ↑