【復元】Dropboxの上書き・削除済みのデータファイル/フォルダを復活する裏技設定方法

公開日: : 最終更新日:2015/08/06 まとめ記事, サービス, 神アプリ

全てのファイルを保存/共有するのに便利なオンラインストレージの代表格である「Dropbox(ドロップボックス)」ですが、もし何かの間違いで重要なファイルやフォルダを削除・上書きしてしまった場合に復元したいと思ったことありませんか?どうやら「Dropbox」にはそういう状況に陥っても大丈夫なように、ファイル復元機能が搭載されているようです。

【復元】Dropboxの上書き・削除済みのデータファイル/フォルダを復活する裏技設定方法 1x1.trans

 下記が『【復元】「Dropbox(ドロップボックス)のデータを間違えて削除してしまった場合の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 【その①】PC版「Dropbox(ドロップボックス)」の個人アカウントにログイン→「ゴミ箱」のアイコンを選択すると、現在「削除予定」のファイル/フォルダが並びます
  2. 復元したいファイル/フォルダを「右クリック」→「復元」を選択(【追記】複数ファイルを選択する場合はMacの場合は「Command」キー、Windowsの場合は「Control」を押したまま、ファイルを選択します)
  3. 【その②】左のサイドバー内の「イベント」項目を選択→Dropbox内の作業履歴が表示されるので、復元したいファイル/フォルダを選択→「◯件のファイルを復元」を選択します
  4. 【その③】上書き済みのファイル/フォルダを右クリック→メニューが表示されるので、「以前のバージョン」を選択します→「バージョン履歴」の中から上書き前のファイル/フォルダにチェック→「復元」を選択します
  • 「Dropbox(ドロップボックス)」のセキュリティ難易度を最高レベルにまでする裏技設定方法
  1. 「Dropbox」をログインします→左上の「Dropbox」マークを選択→メニュー一覧から『アカウント』を選択します
  2. 「デスクトップ版」→「設定」画面から「2段階認証」の「ステータス」を「有効化」する
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑