【解決】AppleIDの2ステップ認証を2ファクト認証に変更する設定方法(iPhone/Mac対応)

公開日: : Apple, まとめ記事, サービス

 Appleから発売されている最新モデル『MacBookAir/Pro』や『iMac』シリーズ向けに正式リリースされた最新バージョン『MacOS 10.12 Sierra』アップデート後に「AppleWatchをロック解除する時に「AppleIDを2ステップ認証から2ファクト認証に切り替える」必要があり、変更の方法が分からない!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で発生しているそうです。

【解決】AppleIDの2ステップ認証を2ファクト認証に変更する設定方法(iPhone/Mac対応) 1x1.trans

 下記が『【解決】『AppleID』の「2ステップ認証」を「2ファクト認証」に切り換えれないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 【「2ステップ認証」をオフにする】:「デスクトップ画面」→「Safari」を起動→「AppleID」ログインページにアクセスし、自分のアカウントにサインインします
  2. 「セキュリティ」タブの「2ステップ確認」から「2ステップ確認を無効にする」を選択します(「2ステップ確認がオフにされています」と表示されます」)
  3. 【「2ステップ認証」をオンにする】:「デスクトップ画面」→「リンゴマーク」→「システム環境設定」→「iCloud」を選択します
  4. 「iCloud」から「2ステップ認証」をオフにしたアカウントでサインイン→「アカウントの詳細」を選択します
  5. 「セキュリティ」タブの「2ファクタ認証を設定」を選択→「2ファクタ認証を設定しますか?」と画面に表示されるので「設定」を選択します
  6. 「新しいデバイス上でサインインした時、またはパスワードをお忘れた場合に本人確認に使用できる電話番号を入力してください」画面にて「電話番号」と「確認方法:SMSもしくは音声通話」を選択し、「続ける」を選択します
  7. 【追記】:上記の設定でも解決しない場合は、iPhone側から「ホーム画面」→「設定アプリ」→「iCloud」→「アカウント」→「パスワードとセキュリティ」→「2ファクタ認証を設定」からでも変更できます
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑