【解決】Windows8/8.1のネット速度が不安定/遅いバグ不具合の対処設定方法

公開日: : Windows, まとめ記事

米Microsoft社から提供されている旧型バージョン「Windows8」と「Windows8.1」を搭載したパソコンでインターネットを利用している際に「通信速度が遅い!ネットワークに接続できない!頻繁に接続が遮断される」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです。
【解決】Windows8/8.1のネット速度が不安定/遅いバグ不具合の対処設定方法 1x1.trans 下記が『【解決】「Windows8/8.1」のインターネット速度が遅い!不安定!バグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 【ファームウェアを更新する】:お使いの無線LAN及びルーターの「ファームウェア」を更新アップデートします。詳しくはメーカー公式サイトを参考にしてください
  2. 【「IPv6」の設定をリセットする】:「デスクトップ」画面の右横にカーソルを持っていく→「検索画面」から「cmd」と入力し、コマンドプロンプトを「管理者権限で実行」を選択します
  3. 「netsh interface ipv6 reset」と入力し「Enter」キーを押し、パソコンを再起動します
  4. 【「IPv6」を優先する】:「デスクトップ」画面→「設定」→「コントロールパネル」→「インターネット」→「ネットワークと共有センター」を選択します
  5. 「アダプターの設定の変更」を選択→「プロパティ」を選択→「インターネットプロトコルバージョン6」のチェックを外します
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑