【解決】Windowsで無線LAN/Wi-Fiに接続できないバグ不具合の対処設定方法

公開日: : Windows, Windows10, まとめ記事, サービス

 米Microsoft社から提供されている旧型バージョン「Windows8」と「Windows8.1」を搭載したパソコンでインターネットを利用している際に「自宅にある無線LANや外出先の公衆無線LANに接続できない!遅い!繋がらない!制限付きアクセスになる!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです。【解決】Windowsで無線LAN/Wi Fiに接続できないバグ不具合の対処設定方法 1x1.trans
 下記が『【解決】「Windows7/8/10」でWi-Fi接続ができない!遅い!繋がらない!バグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 【「省電力モード」をオフにする】:「デスクトップ」画面→「スタート」→「コントロールパネル」の「電源オプション」を選択します
  2. 「プラン設定の変更」→「詳細な電源設定の変更」」→「省電力モード」を「最高パフォーマンス」に変更します
  3. 【同時接続数を確認します】:スマホ、タブレット、パソコンなどを同時に接続できる台数に制限が設けている可能性があり、付属の説明書などを参考にしてください
  4. 【ファームウェアを更新する】:お使いの無線LAN・Wi-Fiの「ファームウェア」や「ドライバー」をアップデート更新する必要があります。詳しくはメーカー側のヘルプサポートを参考にしてください
  5. 【ステルス機能をオフにする】:無線LANSSIDを見えないようにする仕様になっている場合があるそうです。オフにしましょう。
  6. 【無線LAN/Wi-Fiに近づく】:パソコン側と接続しているWi-Fiや無線LANの周りにある障害物を撤去し、できるだけ距離を近づける
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑