【解決】Twitterアプリから2段階認証でログインできない場合の対処設定方法(iPhone/iPad対応)

 Appleから発売されている最新モデル『iPhone6S』や『iPadmini4』などのiOSデバイス向けにSNSアプリ「Twitter」を最新バージョンにアップデート後、「アプリ内でログインしているアカウントを2段階認証やログイン認証ができない!設定できない!反映されない!変更できない!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で発生していると報告されています。

【解決】Twitterアプリから2段階認証でログインできない場合の対処設定方法(iPhone/iPad対応) 1x1.trans

 下記が『【解決】「Twitter」アプリから2段階認証でログイン/サインインできないバグ不具合障害の対処設定方法(iPhone/iPad対応)』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「AppStore」の「アップデート」から「Twitter」アプリを最新バージョンにアップデートしてください
  2. 「ホーム画面」→「Twitter」を開く→「プロフィール」の「歯車」を選択→「設定」を選択します
  3. 「設定」画面にて「アカウント」を選択→「セキュリティ」を選択→「ログイン認証」をオンにします
  4. 「ログイン認証を有効にすると、Twitterにログインする際にこの携帯電話が必要になります」画面にて「確認」を選択します
  5. 「ログイン認証の仕組み」画面にて「始める」を選択→「新しいパスワードを再入力してください」にて現在のパスワードを入力し、「認証する」を選択します
  6. 「電話番号を確認してください」画面にて「コードを送信」を選択し、「ホーム画面」→「SMS(メッセージ)」内にて受信した「Twitter」のメール内にある「Twitterのログインコード(6桁)」を入力します
  7. 「登録が完了しました」画面にて「バックアップコードを取得」を選択することにより、ご利用の端末がアクセスできなくなってしまった場合に、バックアップコードを使うことにより、このコードを使うことでログインできます
  8. 「設定」画面にて「アカウント」を選択→「セキュリティ」を選択→「ログイン認証」がオンであることを確認してください
  9. 【追記】:上記の設定でも解決しない場合は、「Twitter」公式サイト上のヘルプページ・使い方などからお問い合せ・ご参照してください
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
PAGE TOP ↑