【解決】Twitterの自治体のアラート通知をオンにできないバグ不具合障害の対処設定方法

公開日: : まとめ記事, ツイッターの使い方

 Appleから発売されている最新モデル『iPhone6SPlus』や『iPadmini4』などのiOSデバイスやAndroidスマートフォン・タブレット向けにリリースされている大人気SNSアプリ「Twitter(ツイッター)」を利用している際に「公共機関から提供される災害・防災情報などのアラームやアラートを受け取れない!送受信できない!登録できない!解除できない!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で発生しています。

【解決】Twitterの自治体のアラート通知をオンにできないバグ不具合障害の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】「Twitter(ツイッター)」アプリで公共機関のアカウントからアラートを登録できないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「AppStore」もしくは「GooglePlayストア」から「Twitter(ツイッター)」の最新バージョンをダウンロード&インストールします
  2. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにアップグレードします(iPhoneの場合)
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「端末管理」→「端末情報」→「システム・アップデート」から最新バージョンにアップグレードします(Androidの場合)
  4. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「通知」→「Twitter」→「通知を許可」をオンにします
  5. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「通知」→「Twitter」→「サウンド」「ロック画面に表示」「通知センターに表示」をオンにします
  6. 「ホーム画面」→「Twitter」を開く→「アラート」を受け取りたいアカウント(『避難警報』など)を開きます
  7. 「プロフィールページ」にて「アラートアイコン(鈴)」を選択→「〜からのTwitterアラートはオンです」と表示→アラームアイコンが「赤色」になればオンです
  8. 【追記】:「アラーム」を解除する場合は⑤のアラームアイコンをもう一度押すと「オフ」になります
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑