Twitterでブロックした相手のプロフィール閲覧不可&全過去ツイートが閲覧可能に

公開日: : 最終更新日:2016/01/10 まとめ記事, ツイッターの使い方, 神アプリ

先日、Twitterによると、新たに仕様システムが変更され、よりユーザーが安心してTwitterが利用することが出来るように『ユーザーがブロックした相手から自分のプロフィールを見ることが出来なくなる』ようになり、他にも過去から現在までのツイートを閲覧することができる機能を全ユーザー向けに提供することを発表しました。

Twitterでブロックした相手のプロフィール閲覧不可&全過去ツイートが閲覧可能に 1x1.trans

同サイトによると、新たに追加された『新機能』ではユーザーがTwitter上の規約違反(嫌がらせ、悪質な内容)が行われた場合、新たに公式サイトに通報することが出来たり、ブロックする機能を改善され、PC上のTwitterから『ブロックリスト』を閲覧することが可能になったようです。

【スポンサーリンク】

もう一つの新機能のである『過去から現在までのツイートを閲覧することができる機能』については、過去のツイートに関係する情報を明確にし、検索することが出来る『インデクシング』が完了し、今後数週間の間に全ユーザー向けに全ユーザーの過去ツイートが閲覧・検索することができるようです。

  • もしも相手側の「ツイートを読み込めません」「現在、ツイートを取得できません」と表示された場合の対処解決設定方法
  1. 標準ブラウザ『Safari(iPhoneの場合)』や『GoogleChrome(Androidの場合)』から「Twitter.com」にアクセス&ログインする
  • 「過去のツイートを見られたくない!」という方のためにTwitterの自分のアカウントを削除・退会する方法(アカウント削除後も30日以内に再ログインすると復活することができます)

  1. twitter.com」にPCからアクセスし、ログインを行います
  2. 画面右上にある『歯車』のアイコンから『設定』を選択します
  3. 『ユーザー情報』欄から最下部の『アカウントを削除』を選択します
  4. 『本当に退会しますか?』という記述がでてきますが、『@を削除します』を選択します
  5. 最後に『パスワード』を入力したらアカウントの削除退会の完了です
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑