『クレジットカード会社』のポイントを劇的に貯まる使い方の仕組み

公開日: : 最終更新日:2016/12/08 まとめ記事, クレジットカード, ライフハック


 これまでの『クレジットカード』のイメージといえば、使い過ぎによる生活の困窮やカード破産などマイナスイメージが浮かんでいましたが、最近の『クレジットカード』では利用時にポイントが加算されるなどのお得なサービスがあるものが多いようです!

『クレジットカード会社』のポイントを劇的に貯まる使い方の仕組み 1x1.trans

 そこで今回は、『クレジットカード』でポイントを貯めて節約しまくろう!」についてまとめてみた!

【スポンサーリンク】

【『クレジットカード』のポイントで交換できるものは?】

 一概に『ポイント制』といっても、自分にとって必要不可欠な商品に交換できなければいくつポイントがあっても無意味に等しいです。そういった意味でも、現在利用しているクレジットカード会社の『ポイント』サービスに関するサポートページに行きましょう!

【主なポイントの集める手段】

①家賃

 実家住みでもない限り、毎月の支払う『家賃』ですが、一度クレジットカードで支払えるかどうか確認してみてはいかがでしょうか?

②新聞やNHK受信料、WOWOWなどの有料放送、国民年金、国民健康保険など

 上記のような月額の支払いが決められているサービスを利用時に予め『クレジットカード』支払いに設定していると、年間を通してかなりのポイントが貯まります

③水道・ガス・電気代・固定通信費

 上記のような生活に不可欠なライフラインとなる部分にも『クレジットカード』を利用できる可能性はかなり高いです。②よりは得ることが出来るポイントは少ないかもしれませんが、あらゆる方々が利用することができます

④生活費

 毎日行く最寄りのスーパーやガソリンスタンドでもクレジットカードを利用するだけでかなりのポイントを入手することができます

⑤公共機関や施設など

JR東西日本から提供されている乗車ICカード『モバイルSuica/ICOKA』や『PiTaPa』などの決済にもクレジットカード決済払いで利用することが可能です。

⑥身近に使える場所など

コンビニ:セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどの主要なコンビニでお買い物をした際にレジでクレジットカードで購入する(『nanaco』や『Tポイントカード』『Pontaカード』も忘れずに!!)

スーパー:イオンモール、ライフ、イトーヨーカドー、西友などのスーパーや百貨店などで商品購入時にクレジット支払いをする

カフェ:頻繁にスターバックスコーヒーやドトールなどに行くヘビーユーザーは最後にクレジットカードでお会計するのもアリかも!!

【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑