次世代「iPhone6」の名称は「iPhoneAir」に変わる!?見た目もスペックも大幅進化ww

公開日: : 最終更新日:2014/12/25 iPhone6, 新商品

先日、Anthony Manuel氏が次世代「iPhone6」となる「iPhoneAir」(仮称)のコンセプトイメージビデオを公開しました。公開された同ビデオ内では、スペックや本体のサイズについての予想がされています。

次世代「iPhone6」の名称は「iPhoneAir」に変わる!?見た目もスペックも大幅進化ww 1x1.trans
次世代「iPhone6」の名称は「iPhoneAir」に変わる!?見た目もスペックも大幅進化ww 1x1.trans
【見た目】
「iPhoneAir」の本体は上部の薄さが7.5mmに対して下部が5.5mmと下側に向かって薄くなるという今までにない形であり、本体のカラーもカスタマイズできるデザインとなり、シリーズ初の試みが実施されているのがわかります。
 
【画面の解像度】
 
「iPhoneAir」の解像度は、FullHD(1920×1080)に大幅にアップグレードや液晶画面の画素密度を表すのppは「iPhone5S」より450ppiとさらに細かくなっている事がわかります。
 
【特徴】
 
「iPhone Air」では、ホームボタンには近接センサーを採用。この機能により、指先をホームボタンの位置に近づけただけで、触れることなく操作ができるようになります。
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑