次期『iPhone6』のディスプレイサイズは4.7インチ&5.5インチ、300ドル以下に決定か!?

公開日: : 最終更新日:2014/11/01 iPhone6

 先日、9to5macによるとAppleとSamsungの特許裁判の中で明らかになったプレゼンテーション資料の中に、300ドル以上の4インチディスプレイ搭載のスマートフォンの市場は縮小傾向にあり、次期iPhoneではディスプレイのサイズが変更されることが発覚しました

次期『iPhone6』のディスプレイサイズは4.7インチ&5.5インチ、300ドル以下に決定か!? 1x1.trans

次期『iPhone6』のディスプレイサイズは4.7インチ&5.5インチ、300ドル以下に決定か!? 1x1.trans

 

次期『iPhone6』のディスプレイサイズは4.7インチ&5.5インチ、300ドル以下に決定か!? 1x1.trans


  一枚目の資料によると、『iPhoneの成長』が一時より鈍化しており、二枚目の資料ではそういった現象が起こった要因として考えられる『消費者』『通信キャリア』『競合他社』についての分析が成されており、三枚目は『ユーザーがどういったiPhoneを求めているか』についての分析が成されており、『4インチ以上の』ディスプレイや『300ドル以下のスマートフォン』と考えられているようです。

 今回流出した資料通りに開発が進むとすれば、予てから噂されていた次期『iPhone6』は4.7インチディスプレイと5.5ディスプレイを搭載し、しかも300ドル以下の値段になるかもしれません。
 日本では、『iPhone』は競合他社に比べて安価なためシェアを占めていますが、世界的にはまだまだ高価な商品となっているため、今後値段が大幅に変わるかもしれません

【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます!

PAGE TOP ↑