【対策】あなたの個人情報が危険!『OpenSSL』のバグ『Heartbleed』が発生中!問題点と対処方法!

公開日: : 最終更新日:2014/11/01 サービス

 インターネット上にある個人情報を保護するセキュリティ・ソフトの重大な欠陥である『Heartbleed』が全世界規模で大問題となっています。同問題は、Google、Amazon、Yahoo、Facebook、Dropboxなどの大手サイトも被害に遭っているようです。

【対策】あなたの個人情報が危険!『OpenSSL』のバグ『Heartbleed』が発生中!問題点と対処方法! 1x1.trans

【問題点】

 商品購入画面などを入力する際によく見かける『https://』で始まるページ『SSL』は、入力された個人情報などを守るためデータを暗号化し、万が一傍受や盗難などに合わないような仕様になっているのが、ハッカーが『Heartbleed』というバグを悪用した場合、この暗号化されたデータを迂回することが可能になるらしいです。

【対処方法】

 ・サイト内が同セキュリティ・ホールの防ぐ対応をしてくれるまで待つ
 ・共通のID、パスワードを使用は厳禁!!同一の場合、変更するべき
 ・リストアップされているサイトがあれば、パスワードを変更する
 ・クレジットカードの明細を注視する
 ・よく使うサイトが『https://』で始まる場合は、要注意
 ・chromebleedというアドオンを利用する

 普段から、ショッピングサイトなどでクレジットカードなどを登録する習慣がある人は特に要注意!!この他にも有益な情報を入手次第、随時更新していきたいと思います

【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑