KDDI、2014年夏に日本初の次世代通信規格『LTE-Advanced』のサービス開始か??

公開日: : 最終更新日:2014/11/01 サービス

 先日、KDDIは2014年の夏頃を目標にLTEの次世代通信規格『LTE−Advanced』の技術で採用される『キャリアアグリゲーション』を日本で初めて導入する予定であることを発表しました。

KDDI、2014年夏に日本初の次世代通信規格『LTE Advanced』のサービス開始か?? 1x1.trans


 『キャリアアグリゲーション』は、これまで同じ周波数帯でなければ出来なかったデータ通信を、複数の違った周波数帯で同時にLTEデータ通信を可能にすることが可能になり、周波数毎に受信したデータを含ませることにより最大の150Mbpsの通信速度を実現可能にします。

【『キャリアアグリゲーション』の技術とは?】

 例えば、ひとつの周波数帯の電波環境が悪くなり、データの通信に何らかの不具合が生じた場合などは、もう1つの周波数帯を利用することでデータの通信を行うことができるので、安定したデータ通信環境が実現することが出来ます。

【今後の展開】

 同社は、サービス提供開始時には、約2500地点の基地局で同サービスを開始し、2015年3月末までには、全国の約20000地点の基地局で、同サービスを提供する予定らしいです

【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑