総務省、2015年に『SIMロック解除』『新規2年縛り契約』を見直し法案を適用か??

公開日: : 最終更新日:2014/11/23 Android, Apple, サービス

 先日、日本経済新聞によると、総務省は携帯電話の利用者が携帯会社を乗り換えしやすくするための『SIMロック解除』などの対策を検討していることを報告をしています。

総務省、2015年に『SIMロック解除』『新規2年縛り契約』を見直し法案を適用か?? 1x1.trans

今回、見直しが検討されている主な事例は下記の通りです。

SIMロック:『携帯キャリアが端末にロックをかけて自社の通信網にしかつながらない』

2年縛り契約:『いったん新規契約を行うと2年間解約することが出来ない』

 こうした日本の携帯業界の2大商慣行を見直すことにより、新規参入を増やし 競争の高まりなどを促進する狙いだそうです。同事例を規制する法案は、早ければ2015年にも適用されるようです。今後の展開に期待しましょう!!

【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑