脱獄(Jailbreak)失敗時にリンゴループ文鎮化から復元する対処方法

公開日: : 最終更新日:2015/07/03 iPad, iPhone, jailbreak, まとめ記事, 脱獄

 先日、中国の脱獄(Jailbreak)開発者からリリースされたiOS7の完全脱獄に対応した『Pangu』ですが、まだまだリリース直後ということもあって安定性という面ではあまり頼りならないので、もしかしたらiPhone・iPadが文鎮化するかもしれません・・。

脱獄(Jailbreak)失敗時にリンゴループ文鎮化から復元する対処方法 1x1.trans

 そこで今回は、『脱獄(Jailbreak)失敗時、リンゴループから復元・復活する対処方法』についてまとめてみた!
*なお今回紹介した方法で失敗した場合、当サイトは一切責任を負いませんので、自己責任での利用をお願いします。

【スポンサーリンク】
【設定方法】


・脱獄(Jailbreak)前には、iTunesで脱獄前のiOSデバイスのバックアップを必ず作成!

・脱獄(Jailbreak)失敗時、DFUモードからiOSデバイスを復元する

①脱獄に失敗したiOSデバイスの電源を入れ、USBでPCに接続する

②ホームボタンとスリープボタンを同時に10秒間押す

③10秒経過後、スリープボタンのみ離す

④ホームボタンを押したまま10秒間待ち、PC内のiTunesが起動するのを待ちましょう

⑤iTunesが起動したら、『復元とアップデート』ボタンを選択し、復元開始

・『DiskAid』から復元作業を行う

http://www.digidna.net/diskaidに行き、Windows版またはMac版の同ソフトをインストールします。

②脱獄(Jailbreak)に失敗したiPhoneをLightningケーブルなどでPCに接続します。

③『DiskAid』を起動し、「File System」の左の「+」を選択します。

④「Media Partition」が表示されたら、「OK」を選択します。

⑤「File System」の下に「root」が表示されたら、選択して開く。

⑥ファイルの一覧が表示されるので「var」を選択。

⑦「mobile」を選択。

⑧「Application」フォルダを右クリックし、「Rename」を選択する。

⑨名前変更行いますが、分かりやすい名前に変更し、「OK」をクリック。

⑩脱獄(Jailbreak)失敗したiPhoneを再起動します。

⑪iTunesを起動して、iPhoneを同期します。iPhoneが復活したら成功です

【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑