【裏技】MNP(乗り換え)時に引き止めポイントを貰う方法(Docomo,KDDI,SoftBank対応)

公開日: : 最終更新日:2015/07/03 まとめ記事, サービス, ライフハック

 皆さんは『iPhone6』や『XperiaZ3』などのスマートフォンを現在契約している大手通信キャリア(Docomo、SoftBank、KDDIau)から他社のキャリアに乗り換える場合にどういった手段を行っていますか?実は「オンラインサービス」や「公式ショップストア」などでMNP(乗り換え&番号ポータビリティ)の申し込みを行うよりお得な方法があるんです!!
【裏技】MNP(乗り換え)時に引き止めポイントを貰う方法(Docomo,KDDI,SoftBank対応) 1x1.trans 下記が『【裏技】知らないと損!MNP(乗り換え)時に大手3社(NTTDocomo、KDDIau、SoftBank)の引き止めポイントを貰う設定方法手段』についてのまとめです。(【注意】MNP(乗り換え)引き止めポイント数の大体の相場は「1万〜3万ポイント」が付与されるケースが多いようです。)

【スポンサーリンク】
  • MNP(乗り換え)時にサポートセンターからお金(引き止めポイント)を獲得方法についての交渉術まとめ
  1. 現在、お使いの携帯キャリア(SoftBank、KDDI au、NTTDocomo)のサポートセンターに『電話』で問い合わせします。
  2. 「この電話番号のMNP(乗り換え)の予約番号の発行をお願いします」とオペレーターに伝えます。(1年以上の契約実績であるとより効果的だそうです)
  3. 「期間限定の値引きポイント(もしくはキャッシュバック)をご利用することができますので、弊社のモデルに機種変更しませんか」とオペレーターが言うらしいです。
  4. その後、各社のオンラインサービス「MySoftbank」「auお客様サポート」「MyDocomo」にログイン→現在の「ポイント数」を確認し、引き止めポイントが追加されていることを確認します
  • 期間限定の「引き止めポイント」を消費したあとは他社キャリアに乗り換えよう!各社機種変更時の事務手数料まとめ
  1. 【『NTTDocomo』の場合】:FOMA→FOMA(Xi→Xi)の場合は「2000円」、FOMA→Xi(Xi→FOMA)の場合は「3000円」、MNP(携帯電話ポータビリティ転出手数料)は2000円〜3000円になります
  2. 【『KDDI au』の場合】:LTE(4G)スマホ→LTE(4G)スマホの場合は「2000」、LTE(4G)スマホ→3Gスマホの場合は「3000円」MNP(携帯電話ポータビリティ転出手数料)は2000円〜3000円になります
  3. 【『SoftBank』の場合】一律「3000円」、MNP(携帯電話ポータビリティ転出手数料)は2000円〜3000円になります
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑