【無効】MacOSSierraで「OptimizedStorage」がオフにできない場合の対処設定方法

公開日: : Mac, まとめ記事

 Appleから発売されている最新モデル『MacBookAir/Pro』や『iMac』シリーズ向けに正式リリースされた最新バージョン『MacOS 10.12 Sierra』アップデート後に「Mac本体のストレージをiCloudに最適化する新機能『OptimizedStorage』をオフにできない!無効化できない」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で発生しているそうです。

【無効】MacOSSierraで「OptimizedStorage」がオフにできない場合の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】『MacOS 10.12 Sierra』にアップデート後に「OptimizedStorage」機能をオフにできない/無効化できないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 【その①】:「デスクトップ画面」→「リンゴマーク」→「システム環境設定」→「iCloud」からアカウントにログインします
  2. 「iCloud」画面にて「iCloudDrive」をオン→「オプション」→「Macのストレージを最適化」のチェックを外します
  3. 【その②】「デスクトップ画面」→「写真」を開く→「環境設定」→「iCloud」→「iCloudフォトライブラリ」のチェックを外す、もしくは「Macストレージを最適化」をオフにします
  4. 【その③】:「デスクトップ画面」→「Finder」→「アプリケーション」→「iTunes」を起動します
  5. 「iTunes」→環境設定」→「詳細」タブの「視聴済みのムービーとテレビ番組を自動的に削除」のチェックを外します
  6. 【その④】:「デスクトップ画面」→「Finder」→「システム環境設定」→「詳細」→「30日後にゴミ箱から項目を削除」のチェックを外します
  7. 【追記】:上記の設定で解決しない場合は、「MacAppStore」の「アップデート」からOSが最新バージョンであるかを確認、もしくはMac本体を再起動します
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑