【復元】MacのTimeMachineでバックアップ処理ができないバグ不具合障害の対処設定方法

公開日: : Mac, まとめ記事

 Appleから発売されている最新モデル「MacBookAir/Pro(2016)」や「iMac」などのMacシリーズを利用している際に「バックアップ機能『TimeMachine』が失敗する!復元できない!処理が進まない!遅い!」などのバグ不具合障害やエラー・トラブルが一部のユーザー間で慢性的に発生しているようです。

【復元】MacのTimeMachineでバックアップ処理ができないバグ不具合障害の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】「MacBookAir/Pro/iMac」で「TimeMachine(タイムマシン)」に入れないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「デスクトップ画面」→「リンゴマーク」→「システム環境設定」→「TimeMachine」を選択し、「切(左側)」にします
  2. 「TimeMachine環境設定」→「自動バックアップ」をオフ→「コンピューターを今すぐ再起動してもよろしいですか?」を「再起動」を選択します
  3. 「デスクトップ画面」→「リンゴマーク」→「システム環境設定」→「TimeMachine」を選択し、「入(右側)」にします
  4. 「デスクトップ画面」→「Finder」→「アプリケーション」→「ディスクユーティリティ」を選択します
  5. 「TimeMachine」に設定しているHDD(ハードディスク)を選択→「FirstAid」を選択し、ディスク内部に問題がないか修復します
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
PAGE TOP ↑